コンタクト診療 | 診療のご案内 | 小池眼科

〒590-0111堺市南区三原台1-2-3ルルポ泉ヶ丘2階

072-295-8111

コンタクト診療

コンタクトレンズ処方

必ず眼科医の診察を受けてから購入

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」であり、眼科医に処方してもらう必要があります。コンタクトレンズは目の黒目部分(角膜)に直接、接触するものですから、不適切なレンズを装用したり、間違った使い方をすると、角膜に傷がついたり、酸素が十分に供給されなくなったりして、様々な目の病気にかかる可能性があります。

また、コンタクトレンズは目の状態によっては、装用できない方もいらっしゃいます。ドライアイや結膜炎などの方は装用できませんし、目の発育途上にある小学生が装用すると、思わぬ影響が出る可能性があります。

また、コンタクトレンズは使い方によっては重大な眼障害を起こすことがありますので、当院ではコンタクトレンズの使い方を丁寧にご説明し、定期検査をお勧めしています。そのため当院では、コンタクトレンズ処方箋のみの発行は行っておりません。

当院では現在毎月第1・第3金曜日の午後コンタクト検査を行っています。

コンタクトレンズ処方の流れ

STEP1 問診
処方にあたっての問診を行い、そもそもコンタクトレンズの使用に適しているかどうか、どんな種類のレンズが適しているかなど、基本的な事項のチェックを行います。
STEP2 コンタクトレンズを選択
たくさんの種類のなかから、一番ふさわしいと考えられるコンタクトレンズを選んで処方いたします。
STEP3 度数の決定
検査データに照らし合わせながら、最適なコンタクトレンズの度数を決定します。
STEP4 コンタクトレンズ装用の練習&正しい取り扱い方法のご指導
近年レンズの誤った取り扱いによる眼障害が増えていますので、コンタクトレンズの取り扱い方法のご指導も丁寧に行います。定期検査もお受けください。